パソコンを使っている男性

情報セキュリティ

Pマークを取得するためのコンサルティングサービスを提供している会社の中には、IT系企業に適しているセキュリティ情報サービスに関してのコンサルを行っている会社もあるので、依頼する業者を選ぶ際には専門分野を比較しましょう。

期間から比較

企業の中には新しい分野の事業を展開するために、出来るだけ早くPマークを取得したいと考えているところもあります。そうした企業はPマークのコンサルを行っている会社を、どれくらいの期間で取得できるかによって選ぶようにしています。

資料と見積もり

どのコンサルティング会社に依頼してPマークを取得するかを決めるのは難しいことです。それぞれの会社を比較するためには多くの情報と照らしあわせて判断しなくてはいけないので、資料と見積書を取り寄せて情報を集めましょう。

個人情報取扱法


インターネットで行うためのビジネスが拡大していることもあり、個人情報に関する取り扱いがとても厳しくなってきています。
個人情報に関する法律には、個人情報取扱法というものがあり細かく法律が決められています。
今の時代でビジネスを行っていくためにはインターネットを活用した事業展開が必要となっているので、この個人情報取扱法に関する企業であると認定してもらうためにPマークの取得を行っている企業が増えています。
Pマークを取得するためには様々な基準を満たす必要があり、自社だけでそうした基準を満たしていくことは困難となっています。
そのため、Pマークを取得するためにコンサルティング会社を利用して取得する企業が多くなっています。

Pマークは正式にはプライバシーマーク制度と言われていて、各省庁が個人情報保護法に則って作成したガイドラインに沿って基準を満たす必要があります。
その他にも地方自治体が発令している個人情報に関する条例もプライバシーマークを取得するためには欠かせません。
こうした条例や法令をに沿ってしっかりとした内部統制を整えていくためにも、コンサルティング会社を利用して取得するようにしましょう。
コンサルティング会社に依頼してプライバシーマークを取得するようにすれば、期間も短く取得できるというメリットがあるので、早めに取得したい企業は利用を検討しましょう。
また、企業間取引を行っている場合にPマークを取得していれば、取引先企業に対して与える信用度も向上するので、BtoBで事業を行っている企業も取得するためのコンサルに申し込むことを考えてみましょう。